Warning: DOMDocument::load() [function.DOMDocument-load]: Extra content at the end of the document in /home/www.sr-assist6.com/public_html/access/access201711.xml, line: 82 in /home/www.sr-assist6.com/public_html/index.php on line 7847
社会保険などの労務管理でお困りの経営者様は神戸・三宮のAssisT労務管理事務所まで 就業規則・社内規程の整備

労働保険・社会保険や労務管理などでお困りの経営者様は神戸・三宮のAssisT(社労士事務所)までお気軽にご相談ください

  • メールでのお問い合わせ
  • 電話・FAXでのお問い合わせ
就業規則・社内規程の整備
現在ある就業規則や各種規程はわが社の風土にちゃんとあったものかな?
最新の法律にあてはまってる?
↓  ↓  ↓
そんな時はぜひ一度、無料診断しませんか。
会社でのルールをつくり、明確にすることは経営者にとっても、従業員にとっても大切なことです。お互いが気持ち良く働ける環境をつくるためにもしっかりとした就業規則をつくり、そのルールにのっとって会社として動かなければいけません。
職場のルールブック(就業規則・社内規程)の重要性
~労使トラブルを防止し、より良い職場へ~
従業員を常時10人以上使用する事業所(法人だけではなく、個人経営も含む)は、労働基準法上、就業規則の作成・届出が義務づけられています。
しかし、この就業規則を簡単に作成してしまったために、会社の規模、業種または風土にあわないままになっていたり、従業員に周知されないままにしておくと、いざ、労使問題が起きた時に却って余計なトラブルの原因になってしまいます。
また、従業員を常時10人以上使用する段階にない事業所であっても無用なトラブルを未然に防止するためには、専門家に依頼し、しっかりとした“ルールブック(就業規則・社内規程)”にしておけば安心です。

貴社の“ルールブック(就業規則・社内規程)”は、
最新の法律にあてはまったものですか?
既存の就業規則がある場合に必ず明記しないといけない事項はそろってますか?
会社の規模、業種または風土にちゃんとあてはまったものですか?
メールフォームはこちら
▲ページトップへ